FC2ブログ

(EXCEL)MATCH関数で逆方向に検索する(COUNTIF関数で実装)

むかしこんにゃく工房←スポンサーサイト

MATCH関数で逆方向に検索したいけど出来ないから、ぐぐってみたら

LOOKUP(1,0/(・・・・))みたいな部分が出てきて僕の頭では理解できなかったのでwCOUNTIFで実装する方法を考えてみた。

以下のような表があり、

A列
1
2
3
1
2
3   ←ここから上方向に「2」を検索する場合
  
以下の通りだが、ワーク列を使うけどそこはご勘弁をw

A列  B列                C列
1    1(=COUNTIF($A$1:A1,2))   1(=COUNTIF($B$1:B1,B1))
2    1(以下、上記のフィルコピー)   1(以下、上記のフィルコピー)
3    2                  2
1    3                  3
2    1                  1
3    2                  2

B列がワーク列です。
C列の6行目は2になり、MATCH関数みたいにA6からの逆方向の位置が求まった。

ん?C1の値がおかしいって???
そこはCOUNTIFだけでは無理なんでIF関数も使って工夫してくださいな。
スポンサーサイト

コマンドプロンプトでPASVに切り替えたら「425 Cannot open data connection.」が発生し、もう一度実行で成功する?

むかしこんにゃく工房←スポンサーサイト

【環境】
サーバはwindowsでiisを使用
クライアントもwindows
ネットワークは同一のLAN
SV・CL共にファイアーウォールの設定は切っている
【事象】
コマンドプロンプトのFTPでパッシブモードのテストがしたくて以下のコマンドを実行
quote pasv
これでパッシブになったかと思い、LSコマンドを実行したら、「425 Cannot open data connection.」が発生。
もう一度、LSコマンドを叩いたらうまくリストが取得できた。
ただ、パケットキャプチャソフトにて2度目のパケット取得したらびっくり。
ポート番号20番を使ってるし。
成功したと思ったら、Activeモードで接続しただけっぽいですね・・・
「425 Cannot open data connection.」が出て失敗すると、Activeモードに戻されるのかな??よく分からん。
passiveで失敗した原因は、単にIISの設定でパッシブの設定をしていなかっただけだった。

サクラエディタにて入力した文字を漢字に変換ができない

むかしこんにゃく工房←スポンサーサイト


【対処】
IMEの「初期変換モード」を「話し言葉優先」→「一般」にした。

【詳細】
OS:windows7
さくらバージョン:2.1.0.0

例えば「あ」と入力すると「あ」の下に波線が出るはずなのにでない。
だからスペースキー押しても全角のスペースが入力される。

さくらを新規で開いて、無題の時に書くのは問題ない。
既存のファイルを開いて書いているとこの現象。

なんか、今使っている環境だとこの事象が起こってしまうようになった。
昔使ってたxpでさくらも古いバージョンのやつだと問題なかったのに・・・

IMEの初期変換モードを話し言葉優先にしてからなったので、一般に戻した。
で、直った。

例外コード: 0xc0000005 障害オフセット: 0x00001170 障害が発生しているプロセス ID: 0x14a8c

むかしこんにゃく工房←スポンサーサイト


【概要】
CSVをダウンロードするときに、「開く」と「保存」があるけど、「開く」を選択してエクセルで開いた時、サーバのイベントログに以下のようなログが出力されていた。
(関連付けがメモ帳などだとこのイベントログは出ない)
IE8までは発生しないのにIE9以降で発生した。
また、「APPCRASH」というイベントログも出ていた。

【対応】
HTMLで、Content-Dispositionヘッダーのオプションに、inlineではなくattachmentを使用する。
何故かこれでイベントログがでなくなった。


【詳細】
そのとき、以下の様なイベントログが出ていた。

障害が発生しているアプリケーション名: ○○.exe、バージョン: 0.0.0.0、タイム スタンプ: 0x529c2e96
障害が発生しているモジュール名: ○○.exe、バージョン: 0.0.0.0、タイム スタンプ: 0x529c2e96
例外コード: 0xc0000005
障害オフセット: 0x00001170
障害が発生しているプロセス ID: 0x14a8c
障害が発生しているアプリケーションの開始時刻: 0x01ceef2da613c120
障害が発生しているアプリケーション パス: ○○\○○.exe
障害が発生しているモジュール パス: ○○\○○.exe
レポート ID: e3c00d88-5b20-11e3-ac9c-d43d7e817529

IE10にしたらhtmlのinput(hidden)テキストボックス項目の値を取得しても違う値が取得されるようになった。

むかしこんにゃく工房←スポンサーサイト


【対応】
以下を確認する。
①input項目の属性にNAMEのみ指定していて、IDを指定していない。
②input項目の属性のIDと、その値を取得するときに指定するIDで、大文字と小文字が一致していない。

【詳細】
①IE9まではinput項目を識別するための属性に、IDでもNAMEでもどちらを使用しても取得できたようだ。
でもIE10からはIDしか使えなくなったらしい。
けっこうハマった。

②これは同じチームの人が言っていたことで未確認情報ではありますが…
IE9まではinputの属性のIDと取得するときに指定するIDで大文字小文字が異なっていても取得できたが、IE10では取得できなくなったようだ。
私も少し調査したが分からずハマった。
プロフィール

syao88

Author:syao88
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
たるいカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR